医薬と酵素の関係

腸内環境をを整える酵素のパワー

胃薬を常用している人は案外多くいて、常に胃薬を手放せない人さえいます。ストレス社会と言われるほどストレスが蔓延している現代の世の中では胃が悪いというと、すぐにストレスと結び付けて考えるほど胃が悪い原因になってしまっています。でも、そこでちょっと疑問なのですが、胃が痛かったりすると当然のように胃薬を飲んでいる人がいます。胃薬の内容は何が入っているのかわかりませんが、胃が痛いときは当然胃が悪いですよね?そんな時に胃の薬を飲んで大丈夫なのでしょうか?

 

少なくとも「胃もたれ」に胃薬が良くないことは最近の医学で判明しています。胃もたれの原因は主に、「食べ過ぎ」「夜遅い時間の夕飯」「ストレス」そして「常に胃薬を飲んでいる」とされています。これらの状況は消化不良を意味しています。消化不良の時に胃薬を飲んだら逆効果です。胃が消化しきれない時に、さらに胃薬を胃に入れられたらさらに胃に負担をかけるということが出ていました。そして、胃薬常用者はガンになる確率が高いとも言われています。

 

上記のことを感がえると、やはり、胃のもたれや胃の痛みにも「酵素!」と思わずにはいられません。酵素は胃の中に入っても負担をかけるどころか、消化を助ける働きをします。胃が悪いときは、胃を休めることが大事です。そして、食べるときは酵素の入っている食品を消化しやすいように調理して、さらにしっかり噛んでから胃の中に入れてください。胃薬よりはるかに効果的で安全です。身体の全てに効果のある酵素です。そして身近にある食品で摂ることが出来るのですから、酵素の多い食品を摂ることを習慣にすることをお勧めします。そして、酵素飲料などもお勧めです。すくなくても胃薬のように胃を傷めません。

 

 

酵素ドリンク人気1!
お嬢様酵素・口コミの真実はこちら