酵素不足が免疫力低下を起こす

酵素不足が起こす体への影響・免疫力の低下

身体の至る所で頑張ってくれているのが酵素です。酵素は人間が生きていく上に空気が無くては絶対生きられないように、酵素無くしては人間は生きていけないのです。そんなに大事な酵素が不足してくると、色々な病気を招きますが、一番困るのは免疫力の低下です。なぜなら免疫力が低下すると、色々な病気に罹りやすくなってしまいます。そして、厄介なことに免疫力が低下している人というのは同じ薬を飲んでも効き目が悪いのです。なので、一旦病気になれば長引かせてしまいます。こんなに大事な免疫力を強くするのも、体の中に酵素が充分あれば免疫力も自然につくのです。

 

また、乳酸菌で腸内環境を整えても免疫力が上がりますから乳酸菌を心がけて摂ることも有効です。ただし、植物性の乳酸菌ではないと生きたままで到達しませんから、ヨーグルトのような動物性乳酸菌ではなく、発酵食品からできたような植物性乳酸菌を摂るようにしてください。そして、植物性乳酸菌もいいのですが、さらにいいのは酵素です。免疫力を付けるには酵素が含まれている食品をたくさん摂ることを心がけたり、酵素飲料を飲むことをお勧めします。

 

ちなみに、お酒が強い人はお酒を分解する酵素がたくさんある人だといいます。お酒を分解する酵素が含まれている食品は聞いたことがありません。ある可能性もありますが、いまのところ発見されていません。そして、お酒の強さと体の丈夫さはあまり関係が無いようです。お酒に強いというのは分解酵素を多く持っている体質のようです。

 

 

酵素ドリンク人気1!
お嬢様酵素・口コミの真実はこちら