酵素を無駄遣いする習慣と食事

酵素を無駄遣いする習慣と食事について

食物の食べ方で、体内での働きかたが違ってきます。最近、痩せる食べ方として、食べる順番が盛んにテレビでも紹介されるようになりました。酵素も食べ方で体への取り入れら方が違ってきます、酵素の効果的な摂り方があるように、反対に摂り方によって、酵素の価値を半減させてしまいます。

 

酵素の価値を半減させてしまう摂り方には、「1、加熱した食品だけを食べる食事」「2、夜10時過ぎの食事やお夜食」「3、食べ過ぎ」「4、良く噛まないとか早食いの食事習慣」などがあります。酵素は熱に弱いため、加熱で酵素が失われて酵素不足となってしまいます。また、夜は代謝酵素が活発に働きますが、夜遅くに消化の悪いものを食べることで、食べたものに酵素がとられて代謝酵素の働きを悪くしますし、免疫力も衰えさせます。なかでも、消化の悪い食べ物は消化にたくさんのエネルギー使うため、酵素もたくさん使ってしまいますからから注意してください。お夜食にラーメンなんて最高ですが、酵素のためにも、胃腸のためにもやめた方が良いようです。しかし、あまりにも空腹すぎると眠れなくなりますし、イライラしてしまい精神衛生上よくありません。そのようなときは、低カロリーのものを少量とってください。

 

よく噛まなかったり、早食いの食事習慣は、消化酵素が充分に分泌されませんから、胃のために悪いばかりでなく、肥満の原因にもなってしまいます。上記の食事の習慣が酵素不足を招きますから気を付けて、せっかくの酵素を無駄にしないようにしましょう。酵素不足は、免疫力を下げるので病気にもかかりやすくなる他老化も早めます。

 

 

酵素ドリンク人気1!
お嬢様酵素・口コミの真実はこちら